カテゴリ一覧

昨年冬のボーナス 平均37万円、前年比0.3%減2016/04/06

 2015年の年末賞与が平均37万円だったことが、厚生労働省が発表した毎月勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。  2015年の年末に支給された1人当たり平均賞与額は、前年比0.3%減…続きを読む

経営者の景気判断 6割が「横ばい」2016/03/22

 経済同友会が四半期ごとに経営者を対象に実施している景気定点観測アンケート調査結果によると、景気の現状を「横ばい」と見ている経営者が最も多いことが分かった。  経営者に対して景気の現状についての判断を…続きを読む

ベアは抑制、ボーナスは満額  自動車、電機など春闘一斉回答2016/03/16

 2016年春闘は16日、自動車、電機などの主要企業で構成する金属労協の企業が一斉に回答した。ベースアップ(ベア)でみると、トヨタ自動車が1500円(昨年4000円)、ホンダが1100円(同3400…続きを読む

「シングルマザーの就業支援」を議論  JILPTの労政フォーラム2016/03/16

 労働政策研究・研修機構(JILPT)は16日、東京・本郷で労働政策フォーラム「シングルマザーの就業と経済的自立」を開いた。日本でも増えつつある「子供の貧困の連鎖」を食い止めるため、主に離婚家庭の母…続きを読む

採用代行サービス(RPO)を国内でも提供開始 ランスタッド2016/03/07

 総合人材サービスのランスタッド(東京・千代田、猿谷哲社長)は日本国内でのRPO(Recruitment Process Outsourcing、採用代行)サービスを本格開始した。  ランスタッドの…続きを読む

現金給与が3カ月ぶりに増加、実質賃金もプラス2016/03/04

 厚生労働省が発表した1月の毎月勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)によると、現金給与が3カ月ぶりに増加した。物価変動の影響を除いた実質賃金もプラスとなった。  1月の一人平均現金給与総額は前年同…続きを読む

「同一労働同一賃金」導入に向けた検討開始、一億総活躍国民会議で首相表明  政府、ガイドライン策定の議論へ2016/02/24

 一億総活躍国民会議(議長・安倍晋三首相)は23日、首相官邸で第5回会議を開き、雇用形態にかかわらず同じ仕事に同じ賃金を支払う「同一労働同一賃金」の導入に向け議論を始めた。1月29日の同会議で安倍首相…続きを読む

「参院選を意識したアドバルーンか」連合・神津会長  政府の「同一賃金」法制化の動きを指摘2016/02/18

 連合の神津里季生会長=写真左=は、政府が5月に策定する「ニッポン1億総活躍プラン」に、「同一労働同一賃金」実現に向けた施策を盛り込む動きについて、「7月の参議院選挙を相当意識したアドバルーンか、争…続きを読む

賃金改善の理由 「労働力の定着・確保」が過去最高2016/02/17

帝国データバンクが実施した賃金動向に関する企業の意識調査によると、労働力の定着・確保のために賃金改善を見込む企業が増加していることが分かった。  2016年度に正社員の賃金改善(ベースアップ、賞与・…続きを読む

実質賃金 4年連続マイナス2016/02/10

 厚生労働省が発表した毎月勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)によると、実質賃金が4年連続でマイナスとなったことが分かった。  15年の1人当たり月平均の現金給与総額は前年比0.1%増の31万38…続きを読む

昨年12月の現金給与総額、実質でマイナス  年間平均も4年連続のマイナス 厚労省速報2016/02/08

 厚生労働省が8日発表した毎月勤労統計調査(速報)によると、昨年12月の労働者1人あたりの現金給与総額は54万4993円(前年同月比0.1%増)、基本給を示す所定内給与も24万38円(同0.7%増)だ…続きを読む

求人広告の増加続く、企業の求人意欲が継続2016/02/01

 全国求人情報協会がまとめた15年12月分の求人広告掲載件数等集計結果によると、求人メディア全体の広告掲載件数は前年同月比10.1%増となったことが分かった。  求人メディア全体の広告掲載件数は91万…続きを読む

昨年冬のボーナス83万円余、3年連続増加  大企業調査、厚労省2016/01/19

 厚生労働省が19日発表した2015年冬のボーナス妥結状況によると、対象の大企業337社の平均は83万434円(前年比2万9796円、3.7%増)で3年連続の増加となった。業種別の最高は自動車の94万…続きを読む

実質賃金が5カ月ぶりに減少2016/01/14

 厚生労働省が発表した2015年11月の毎月勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)によると、物価変動の影響を除いた実質賃金が前年同月比0.4%減となり5カ月ぶりに減少となった。  1人当たりの現金…続きを読む

入社半年の新入社員が管理職になりたくない理由は「自分の自由な時間を持ちたい」2016/01/07

 日本生産性本部が入社から半年が過ぎた今年の新入社員を対象に実施した調査によると、管理職になりたくない理由は「自分の自由な時間を持ちたい」が最も多かったことが分かった。  前年から新たな設問として加わ…続きを読む

ログアウト