カテゴリ一覧

パワハラ、セクハラ防止の報告書案  労政審分科会、労使から注文相次ぐ2018/12/07

 労働政策審議会の第12回雇用環境・均等分科会(奥宮京子分科会長)は7日、事務局の厚生労働省が「女性の活躍推進と職場のハラスメント防止対策等の在り方」と題する報告書案を提示した。  報告書案の骨子は、…続きを読む

女性社長数は8年で2倍増、女性社長比率は13.0%2018/12/05

 全国の女性社長は41万1969人で、調査を開始した2010年の21万人からは2倍増になっていることが東京商工リサーチの調査で明らかとなった。女性社長率は13.0%で、前年比0.5ポイント増だった。 …続きを読む

【ランスタッド・ワークインサイト】忘年会も仕事の一部?それとも忘年会は仕事ではない?2018/12/05

2018年第4四半期 ランスタッド・ワークインサイト 調査結果ポイント 職場の忘年会、66.1%が出席しているという結果も、「仕事の一部だから」と答えた割合が46.5%に。職場の忘年会、仕事の一部?そ…続きを読む

大卒初任給20万6700円、すべての学歴で前年超2018/11/30

 2018年の大卒初任給は前年比0.3%増となる20万6700円で、すべての学歴で前年を上回ったことが厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」で分かった。  2018年の初任給を学歴別にみると、大学院修士…続きを読む

パワハラ、セクハラ防止の議論終了  労政審分科会、次回は報告書案の骨子2018/11/19

 労働政策審議会の第11回雇用環境・均等分科会(奥宮京子分科会長)は19日、第10回会合(11月6日)に続き、パワーハラスメント(パワハラ)とセクシャルハラスメント(セクハラ)の防止などについて一連の…続きを読む

パワハラ、セクハラ防止は労使が平行線  労政審分科会、次回に厚労省がたたき台2018/11/06

 労働政策審議会の第10回雇用環境・均等分科会(奥宮京子分科会長)は6日、第8回会合(10月17日)に続き、パワーハラスメント(パワハラ)とセクシャルハラスメント(セクハラ)の防止について3巡目の議論…続きを読む

「行動計画」の追加項目で応酬  雇用環境・均等分科会で労使委員2018/10/12

 労働政策審議会の第7回雇用環境・均等分科会(奥宮京子分科会長)は12日、第5回会合(9月19日)に続き、女性活躍推進法(女活法)と男女雇用機会均等法(均等法)の見直しについて議論した。  女活法の主…続きを読む

【ランスタッド・ワークインサイト】理想の上司/職場環境に関する調査2018/10/02

2018年第3四半期 ランスタッド・ワークインサイト 調査結果ポイント ①「上司に期待すること」と「理想の上司像」、"リアル"と"感情論"のギャップ?!⇒「上司に期待すること」について、ビジネスパーソ…続きを読む

女活法の行動計画に項目の追加要求  雇用環境・均等分科会で労働者側委員2018/09/19

 労働政策審議会の第5回雇用環境・均等分科会(奥宮京子分科会長)は19日、「女性活躍推進の対策」として、女性活躍推進法(女活法)と男女雇用機会均等法の見直しについて総合的な議論を開始した。事務局の厚生…続きを読む

正社員、パートとも再び不足度上昇  厚労省の8月労働経済調査2018/09/19

 厚生労働省が19日発表した8月の労働経済動向調査によると、労働者の過不足状況判断DI(「不足」の割合から「過剰」の割合を引いた数値)は正社員で43ポイントとなり、前期比6ポイント増。業種別では、情報…続きを読む

女性管理職比率は14.3%  厚労省の17年版「働く女性の実情」2018/09/18

 厚生労働省は18日、女性活躍推進法に基づく企業の取り組み状況をまとめた2017年版「働く女性の実情」を発表した。それによると、従業員301人以上の企業で義務化されている行動計画の策定届け(6月末時…続きを読む

7月の有効求人倍率、1.63倍に上昇2018/08/31

 厚生労働省が31日発表した7月の有効求人倍率(季節調整値)は前月比0.01ポイント上昇の1.63倍となり、3カ月続けて上昇した。第1次石油ショック直後の74年前半に記録した1.6倍台に並ぶ水準が続い…続きを読む

女性従業員割合は2割超、女性管理職割合は1割以下となるも過去最高2018/08/29

 従業員に占める女性の割合は平均24.9%、女性管理職に占める女性の割合は7.2%となったことが帝国データバンクの「女性登用に関する企業の意識調査」で明らかとなった。  従業員に占める女性の割合は平均…続きを読む

男性の育休取得率7%に大幅引き上げ  労政審の雇用環境・均等分科会で目標 2018/08/27

 労働政策審議会の第4回雇用環境・均等分科会(奥宮京子分科会長)は27日、今後の検討課題などについて議論した。その中で、同分科会としての今年度の目標の一つに、男性の育児休業取得率を17年度実績の5.1…続きを読む

女性管理職の比率、今年は7.2%  0.3ポイント上昇 帝国データ調査2018/08/14

 帝国データバンクが14日発表した2018年「女性登用に対する企業の意識調査」によると、対象企業の管理職に占める女性の比率は平均7.2%で、昨年の調査を0.3ポイント上回り、調査開始以来の最高を更新し…続きを読む

ログアウト