隙間時間に効率よく英語4技能をアップできる最強スマホツールを一挙ご紹介☆留学経験ナシでも英語で仕事はできる!#12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
閉じる
2018/07/26

英語を第二言語として学ぶ方にとって"効果的な英語勉強法"や"ビジネスで絶対使えるフレーズ"などを保呂田先生が紹介する【留学経験ナシでも英語で仕事はできる!】シリーズ。第12回目は、「リーディング」「リスニング」「ライティング」「スピーキング」の4つのスキルを隙間時間にスマホを使って身につけられるオススメツールやその使い方をご紹介します。

隙間時間に効率よく英語4技能をアップできる最強スマホツールを一挙ご紹介☆留学経験ナシでも英語で仕事はできる!#12

英語学習の最終目的は「話す」こと!〜「リーディング」「リスニング」「ライティング」はそのためのツール

「リーディング」「リスニング」「ライティング」「スピーキング」が英語の"4技能"とよく言われますが、みなさんにちょっとだけ意識していただきたいことがあります。それは、英語が言語である限り「話す」こと(スピーキング)が"目的"であり、その目的を達成するためのツールがその他の3技能「リーディング」「リスニング」「ライティング」だということ。

スポーツ選手にとって「試合で良いプレーをして勝つこと」は目的ですが、そのために実際のプレーとは一見関係ないような動きを取り入れたトレーニングを日々積みますよね?それと同じです。

英語学習に取り組む皆さんには、「英語を"話す"ために何をすべきなのか?」という目的を見失わず、日々学習を重ねていただきたいと思います。

また日々お仕事で忙しく、なかなか英語学習に時間を当てられない!という方も多くいらっしゃいますよね。そこで今回は、"スマートフォン"を使って隙間時間に取り組める便利で効果的なツールをご紹介します!

日本人の英語学習は「ライティング」「スピーキング」が圧倒的に不足している!

「リーディング」「リスニング」「ライティング」「スピーキング」は、その性質から2つに分類することができます。それは"受動的"な作業である「リーディング」「リスニング」と、"能動的"な作業である「ライティング」「スピーキング」です。「リーディング」「リスニング」は両方とも、すでにある英文を読んだり聞いたりしますよね。一方で、「ライティング」「スピーキング」となると自分で英文を1から作り出す必要があります。

一般的には受動的な作業は楽で、能動的な作業はエネルギーを要するため、受動的な作業に偏ってしまう傾向にあります。実際日本人の英語学習も、受動的な「リーディング」「リスニング」に偏りがちで、能動的作業である「ライティング」「スピーキング」の機会をなかなか作れていないのが現状です。英語を話せるようになりたいなら、積極的に「ライティング」「スピーキング」の機会を作っていく必要があるのです。

今の時代、インターネットを使った便利なツールが溢れていますから、それらをうまく活用しない手はありません!早速、英語の4つのスキルを伸ばせるオススメツールをご紹介していきます。

英語の4技能

リーディング 〜 "なんとなく読めた気"になっていませんか?

日本人にとって比較的苦手意識の少ない「リーディング」ですが、実はなんとなく知っている単語から推測して"読めた気"になっているだけのケースも少なくありません。ギクッとされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?もちろん推測する力も語学を習得する上でとても大事なのですが、英語力が上がるほどに"明確"に英文を読めるようになるのも事実です。

<"なんとなく"しか読めない3つの原因>
(1) 単語力の不足
(2) 文法力の不足
(3) 英語を読む経験の不足

「とにかくたくさん読めば英語は読めるようになる」と信じている方も多いのですが、(1)〜(3)の不足を埋めることなく読み続けている限り、永遠に"なんとなく"しか読めません!そこで、上記(1)〜(3)対策ができるオススメのツールをご紹介します。

(1) 単語力不足:単語力アップのためのオススメツール

単語学習は「英英辞書を使うべき」とよく言われますが、個人的には単語は「日本語で覚える」ことをオススメします。その理由は、

<単語学習を日本語で行うべき2つの理由>
(1) 英英辞書で意味を"なんとなく理解"しただけの単語はなかなか覚えられない!
=>一度は日本語でしっかり意味を理解した方が記憶に残りやすい!
(2) 英英辞書の説明文の中にも知らない単語があるので、それを調べながら理解していたら時間がかかって仕方ない!
=>正直、非効率です!

私自身、英英辞書を使うのは「知っている単語がどう説明されているか?」を見たいときだけで、新しい単語を調べる際に英英辞書は使いません。単語は日本語でドンドン覚えていけば良いんです!

★単語力アップのためのオススメツールこちら。
両方とも間違えた単語を"繰り返し学習"できる仕組みになっているところがポイント。

【英単語アプリ mikan】

英単語アプリ mikan

『画像:英単語アプリ mikanのスクリーンショット』
https://play.google.com/store/apps/details?id=link.mikan.mikanandroid&hl=ja

【究極英単語!TOEIC 800点突破編】

究極英単語!TOEIC 800点突破編

『画像:究極英単語!TOEIC 800点突破編のスクリーンショット』
https://itunes.apple.com/jp/app/%E7%A9%B6%E6%A5%B5%E8%8B%B1%E5%8D%98%E8%AA%9E-toeic-800%E7%82%B9%E7%AA%81%E7%A0%B4%E7%B7%A8/id868628106?mt=8

「TOEICや英検は興味ないよ」と言う方もいらっしゃると思いますが、TOEICや英検で覚えるべき単語は日常英会話の中でも当然使います。特にビジネス英語を学びたい、と言う方はテストを受けるかどうかに関係なくドンドン覚えていきましょう。

もちろん、TOEICや英検には「act cutesy(ぶりっ子する)」とか「kiss ass(媚びる)」のような日常表現は出題されませんので、日常英会話だけにとことんフォーカスしたい方は「リスニング」のところでご紹介している『PhraseMix』というサイトがオススメです。

(2) 文法力不足:文法力アップのためのオススメツール

単語学習と違い、文法学習は「英語で学ぶ」と効果的です。
ただし、「英文法は中学生以来やってない」というような方にはちょっと難しいと思いますので、初級者の方はまず日本語で英文法の全体像を学習されるようにしてくださいね。英文法を一通り把握できている中級以上の方に、英語で学ぶこのスタイルにトライしていただきたいと思います。

★文法力アップのためのオススメツールはこちら

【オンライン英英辞典『Cambridge Dictionary』のGrammar】

https://dictionary.cambridge.org/grammar/british-grammar/

無料で使えるオンライン英英辞書の中の1コンテンツですが、内容がなかなか充実しています。例えば、"be going toとwillの違い"などの基本的な文法解説から、"affectとeffectの違い"といった英語学習者が混乱しやすい論点の解説まで、一通り文法を把握している人なら楽しめる内容になっています。

(3) 英文を読む経験の不足:"背伸び"しすぎないことが大事!

単語、文法の学習と並行して、できるだけ多く英文に触れていくことでリーディング力は格段に伸びていきます。ただし、決して"背伸び"しないよう注意しましょう!私もそうだったのですが、英語学習者はCNN、BBCなどの難易度の高い「英語ニュース」を読もうとする傾向があります。しかし、わからない単語ばかりで半分も内容が理解できないような英文を読み続けても、正直あまり意味がありません。大事なのは、"知らない単語が1パラグラフに1〜2個あるかないかくらいの、自分のレベルにあったもの"を読むこと!その方が断然効果的で、リーディング力アップの早道です。

★オススメツールはここでも『PhraseMix』というサイトで、「リスニング」のところで詳しくご紹介します。

リスニング 〜 "なんとなく聞こえた気"になっていませんか?

「リスニング」も、知っている単語がところどころ聞こえて"なんとなく理解した気になっている" ケースが少なくありません。TOEIC900点や満点レベルの人でも例外ではなく、ネイティブの英語を100%聞きとるのは簡単なことではないのです。ここでも大事なのは"自分のレベルにあったものを聞く"ということ!内容が80〜100%理解できるレベルのものを選ぶと良いでしょう。

★リスニング力アップのためのオススメツールはこちら。

【PhraseMix】

https://www.phrasemix.com/

ネイティブが日常的に使うフレーズが2,000以上収録されており、どれもこれも身近な表現ばかり。音声も英語学習用にわざとわかりやすく読んだりせずネイティブそのままの発音なので、音声を聞いて「何を言っているか理解する」ことでリスニング力がかなり鍛えられます。もっと上級者になれば音声を「リピートする」ことで同時にスピーキング力のアップにもつなげられます

ライティング 〜 "思ったこと"をスグに英語で書けますか?

日本人は「読み書きはできる」と言われますが、それは幻想にすぎません。「スピーキング」と並んで日本人が最も苦手とするのが「ライティング」です。その証拠に、いざ「自分の言いたいこと」を書いてみてくださいと言われるとピタッと手が止まってしまう方も多いのではないでしょうか?日本の英語教育の中で「ライティング」学習はすっかり欠落してしまっており、そもそも多くの日本人は「英語を書く」経験をしてきていないのです。

また、ライティングというと「英作文添削」が頭に浮かぶかもしれませんが、残念ながら英作文添削だけで「英会話力」は身につきません!ここでもあくまで「英語を話せるようになること」が目的、そのためには普段みなさんがSNSやメールでお友達とやりとりするように、"外国人相手にできるだけたくさん英語を書く"ことが大事なんです!

★ライティング力アップのためのオススメのツールはこちら。

【オンライン英会話内の"チャット機能"を利用してレッスンを自分でカスタマイズする】

オンライン英会話内の

オンライン英会話は「スピーキング」だけではなく、「ライティング」ツールとしても有効な使い方ができるんです! 外国人と気軽にチャットできるアプリなどのツールは多くありますが、「自分の間違いを直してもらう」ことができるものは少なく、正直あまりオススメできません。そこでぜひオススメしたいのが、「オンライン英会話」を使ってライティング力を鍛える方法です。 実際私がとっていた方法ですが、オンライン英会話内の"チャット機能"を使って"書いて会話"するレッスンを自分でカスタマイズします。この方法なら、ライティング力を格段にアップすることができます!

<注意すべきはこの2点>
(1) 音声はOFFにして"書くだけで会話をする"のがオススメ!(随時会話を挟みたい方は音声をONにしたままでもOK)
(2) 「間違ったら直してほしい(Could you correct me when I make mistakes?)」とお願いして常に"間違いを直してもらう"ことが大事!

「ライティング」はスピーキングと違い、講師のフォローに流されることなく最後まで自力で英文を構築する必要があるため、思った以上に大変だということに気づかされるはずです。とても効果的なので試してみてくださいね!

スピーキング 〜 英語を話せるようになるために何をすべきか?

「スピーキング」はその他3技能の集大成ではありますが、これら3技能すべてをマスターしたからといって「話す訓練」をせずに英語がペラペラになることは絶対にありません!「話す」ためには「話す訓練」を積む必要があるのです。

<スピーキング力アップに欠かせないのはこの2点>
(1) とにかく"たくさん話す"こと!
(2) 質の高い講師に"直してもらう"こと!

★スピーキング力アップのためのオススメツールはこちら。

【Native Camp(ネイティブキャンプ)】

Native Camp(ネイティブキャンプ)

『画像:Native Campのスクリーンショット』
https://nativecamp.net/

英会話習得のためにはどうしても"話す量"が重要になってきます。「とにかくたくさん喋る」という観点では、コストパフォーマンスや利便性の意味から『ネイティブキャンプ』がオススメです。最近はフィリピン人講師だけではなく、ネイティブ講師やセルビア人講師他も続々と加わり、ますます色んな英語に触れる機会が増えました。講師の質にバラつきはありますが、月額5,950円で24時間レッスン受け放題という圧倒的利便性から、「とにかく話す量を増やしたい」と言う方には断然オススメです。

また、全ての講師が対応できるわけではないのですが、レッスンの最初に"Could you correct me when I make mistakes?"とお願いし、自分の間違いを常に直してもらうように促しましょう。

【PhraseMix】

https://www.phrasemix.com/

上記「リーディング」「リスニング」でもご紹介したこちらのサイト、実は「スピーキング」の訓練にもとても効果的なんです。

<効果的な使い方>
(1) スクリプト、フレーズの音声を聞いて、何も見ずにリピートしてみる
(2) わからなければスクリプト、フレーズを見ながら音声をリピートしてみる
(3) スクリプト、フレーズをスムーズに言えるようになるまで繰り返し練習する

このサイトは、日常英会話で便利な文法表現や単語が盛りだくさんなので、フレーズごとのスクリプト (各フレーズが使われるシーンの背景描写)やフレーズに使われている文法の解説を読むことで「リーディング」力にも直結します。また、ただの文法解説ではなく「ネイティブがどういう感覚でこの文法を使っているのか?」がネイティブ目線で書かれているので、ネイティブの感覚がつかめるもの大きなポイントです!



いかがでしたか?スマホ1台でこんなにも英語学習の機会をつくることができるんです。しかもリーズナブルに!上手く隙間時間を使って、日々英語力アップを目指しましょう!

Have fun!



こちらでご紹介したアプリやサイトは、ランスタッド株式会社とは関係ございません。

☆留学経験ナシでも英語で仕事はできる!シリーズ
#1 ネイティブ風に聞こえる便利な"こなれニュアンス"とは!?
#2 ネイティブの会話が聞こえない本当の理由とは!?
#3 話せない苦しみを越えた人だけが知るアウトプット方法とは?
#4 【発表!】ビジネスで使いまわせる便利な動詞トップ5
#5 【クイズ】ビジネスで間違いがちな英語(社内編)
#6 【クイズ】ビジネスで間違いがちな英語(取引先編)
#7 英語会議をカッコよくリードするキラーフレーズ9選
#8 ビジネスで便利な英語メールテンプレート5選
#9 8ステップとフレーズで攻略!英語プレゼンの型
#10 「英語公用語化企業」社員に聞いた!現場社員の処世術☆
#11 そのまま使える!英文履歴書テンプレート【営業職編】

ライタープロフィール

DeLQ it. LLC [デルクイ] CEO 兼 CFO
保呂田 友里

慶應義塾大学・大学院卒。国際会計事務所にて外資系事業会社のアカウンティング業務に従事。現在は、DeLQ it.[デルクイ]経営者として “書く”オンライン英会話「Oh! Native English」を運営。「WEB女性自身」「レアジョブEnglish Lab」「アビタス」「キンジロー」などコラム実績多数。その他、講演会登壇、企業研修、英語レッスンなども行うアラサー女子。Oh! Native English

ランスタッドで英語を活かすお仕事探し

頑張って身につけた英語力を活かすには、アウトプットが一番です。英語スキルを活かせるお仕事を今すぐチェック!

ランスタッドの求人情報

ログアウト