プロのパワーポイント活用術「ページ番号」目次があるときの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
閉じる
2016/08/24

パワーポイント(PowerPoint)で資料を作っていて、タイトルや目次など特定のページにスライド番号(ページ番号)を付けたくないことがあると思います。 そのような場合の設定方法と、その他スライド番号の基礎的な設定方法を解説します。

スライド番号の設定方法

まずはスライド番号の設定方法を説明します。

ページ番号・スライド番号の違い

パワーポイントでは、「ページ番号」「スライド番号」いずれの呼称も使われていますが、それぞれが示すものはハッキリと区別されています。

スライド番号
スライドが何枚目なのかがわかるように、スライド上に入れる数字
ページ番号
配布資料やノートなど印刷物で何枚目なのかがわかるように入れる数字

ここでは、「スライド番号」について説明してきます。

スライド番号を表示する

ツールバーの「挿入」→「ヘッダーとフッター」を選択すると、以下の「ヘッダーとフッター」ウィンドウが表示されます。

「スライド」タブを選び、「スライド番号」のチェックボックスをオンにし、「すべてに適用」をクリックしてください。

すると、上記のとおりページ番号が挿入されました。なお、「すべてに適用」と「適用」の違いは以下の点です。
「すべてに適用」・・・すべてのスライドにページ番号を挿入する。
「適用」・・・現在表示しているスライドだけにページ番号を挿入する。

任意のページからスライド番号を開始したい場合

ツールバーの「ファイル」→「ページ設定」を選択します。左下の「スライド開始番号」を変更することで、開始ページのページ番号を変更することができます。

特定のスライドにスライド番号を表示させない方法

まずはスライド番号を表示させたくないスライドを選択します。

次にメニュー「挿入」→「ヘッダーとフッター」を選びます。

ヘッダー・フッターの設定画面で「日付」「スライド番号」「フッター」などのチェックを外した後、「適用」をクリックします。これで今選択していたページにのみヘッダー・フッター項目が非表示となり、スライド番号も表示させないようにすることができます。

表紙からスライド番号を消す方法

「特定のスライドにスライドを表示させない方法」と同じように、メニュー「表示」→「ヘッダーとフッター」を選びます。 


ヘッダー・フッターの設定画面で「日付」「スライド番号」「フッター」など必要な項目を設定した後、「タイトルスライドに表示しない」にチェックをつけ、「すべてに適用」をクリックします。すると、タイトルスライドにはヘッダーで設定した内容が表示されず、それ以外のスライドだけに日付やページ番号が表示されます。

2枚目のスライドに番号「1」を表示させる場合

ツールバーの「デザイン」→「ページ設定」を選択します。

スライド開始番号を上記のように「0」に設定すると、表紙が0ページ目になり、本文1ページ目つまり2枚目のスライド番号が「1」になります。

2枚目のスライドに番号「2」を表示させる場合

ツールバーの「ファイル」→「ページ設定」を選択します。
スライド開始番号を上記のように「1」に設定すると、表紙が1ページ目になり、本文1ページ目つまり2枚目のスライド番号が「2」になります。

表紙以外のスライドからスライド番号を消す方法

まずは表紙(スライドの1枚目)を選択します。

次にメニュー「挿入」→「ヘッダーとフッター」を選びます。

ヘッダー・フッターの設定画面で「日付」「スライド番号」「フッター」などのチェックを外した後、「適用」をクリックします。これで表紙にのみヘッダー・フッター項目が非表示となり、スライド番号も表示させないようにすることができます。

スライド番号の位置を変える



まず[表示]タブを選択し次に[スライドマスター]ボタンをクリックします。
フッターや数字領域(#)など枠ごとにドラッグで目的の位置へ移動させます。スライドマスターでは、タイトルや本文の位置を移動することもできます。

スライド番号のデザインを変える

まず「表示」タブを選択します。次に「スライドマスター」ボタンをクリックします。数字領域(#)のフォントを変更することでデザインを変えることができます。

設定したはずなのに表示されない場合のチェックポイント

スライド番号が挿入できない場合、まずはスライド番号を表示するための「数字領域」プレースホルダを削除していないかご確認ください。「数字領域」を削除してしまうと、スライド番号を表示するための場所が削除されているため、一切表示されません。

スライドマスター上に数字領域を再表示させるには、スライドマスターが表示されている状態で、右クリックをして、「マスターのレイアウト」をクリックし、スライド番号にチェックを入れて、OKをクリックします。



上記の操作を行うと、「数字領域」と表示されたプレースホルダがマスターに表示されます。
また、「数字領域」プレースホルダは残っているのに、スライド番号が表示されない場合は、マスタグラフィックスが非表示になっている可能性があります。その場合は、スライドマスターを表示し、右クリックでメニューを表示させ、[背景の書式設定]をクリック。[背景のグラフィックを表示しない]のチェックを外して、OKをクリックします。



スライドを作成する際は、スライド番号を付けておくといいでしょう。スライド番号があると、全体のボリュームが確認できると同時に、質疑応答の際に、質問箇所を指定しやすくなるというメリットがあります。ぜひ参考にしてみてください。

キャリアHUB編集部

ランスタッドでパワーポイントを活かす求人を探そう

ランスタッドでパワーポイントを活かす求人を探そう

パワーポイントのスキルを活かして、事務のお仕事を始めてみませんか?今すぐお仕事をチェック!

ランスタッドの求人情報

ログアウト