転職最終段階!条件交渉はどうする?交渉ポイントとマナーをお伝えします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
閉じる
2023/05/02

キャリアアップや年収アップなど、できることなら前職よりも良い条件での勤務を目指して、転職活動をする人は多いはず。でも、全員が条件交渉に成功しているわけではありません。転職活動において、条件交渉を成功させるには、どんなことに気を付ければいいのでしょうか。

転職において条件交渉は失礼でもマナー違反でもない

現職より高いキャリアを積もう、今より高い年収でで働きたいなど、キャリアアップや年収アップを目指して転職活動している人は多いと思います。ただ、転職活動において、企業が提示する待遇は応募者のスキルや経験により変化することもあるもの。

この「雇用条件」は内定承諾前に確認しなければならない重要事項ですが、ご自身が希望する条件よりも低い内容が提示されている場合には、希望する条件に近づけるために交渉を行わなければなりません。

とはいえ、条件交渉をすることは失礼にあたらないか、マナー違反ではないか気になりますよね。結論からお伝えすると、中途採用における転職活動では、条件交渉は失礼にはあたらず、マナー違反でもありません。

企業では中途採用の応募時に、場合によっては、交渉されることを前提にして給与などを少し低めに提示していることもあります。自身のスキルや経歴、過去の実績などを考えて、提示されている条件では合わないと感じたら交渉してみましょう。

ただし、交渉の方法には工夫が必要です。やり方によっては企業担当者の印象を損ね、内定に影響を及ぼしかねないため、交渉の仕方に注意しましょう。

条件交渉のポイントとは

条件交渉を成功させるために大切なことは、以下の2点です。

  • ・交渉のタイミングを見極めること
  • ・提示条件の根拠を示すこと

ポイント1:交渉のタイミングを見極めること

条件交渉に望ましいタイミングは、採用に影響が及ばないように、内定が出た後から内定を承諾するまでの間がいいでしょう。内定が出た後にすることで、応募者にとって有利に交渉が進めやすくなります。

オファー面談がある企業は面談前や面談中がいいでしょう。企業は支払う給与額なども考慮して応募者の採用を検討するので、面談の最中に希望年収などを聞かれることもあります。その場合は希望する条件をしっかりと伝えてOKです。

ただし、募集要項よりあまりにも高い金額を提示したり、最初に提示した希望年収を後から変えたりする「後出し」のようなことはNG。交渉することはマナー違反ではありませんが、交渉するためのマナーは必要です。

ポイント2:提示条件の根拠を示すこと

条件交渉を成立させるためには、提示条件の根拠を示すことが重要です。そのためには事前にしっかりと準備しておくことがカギになります。採用担当者が納得できる内容にするため、自分の市場価値を知ると同時に、同業他社の平均的な給与も調べましょう。
平均と比べて給与額アップを狙うならば、以下のようなポイントを提示して、担当者にアピールすることも大切です。

・前職の年収額
・勤務経験の長さや実績
・資格や講師経験の有無
・マネジメント経験

「時間が無いなかで頑張った」「コミュニケーション能力を発揮した」といった漠然とした内容では担当者の理解を得られにくいため、根拠として示すものは客観的かつ具体的な視点から有効性が判断できるものが良いでしょう。

交渉でおさえるべきマナー

交渉内容だけでなく、交渉時の姿勢についてのマナーも守りたいところです。自分の希望を一方的に話しても、採用担当者にとって良い印象は与えられません。
感情的に話したり、面接官の話をさえぎったりするのではなく、面接官の話をしっかりと聞いたうえで、自分の希望条件を落ち着いて伝えることが大切です。

聞くときはしっかりと聞き、話すべきときは話す。礼儀作法を守り、真摯な姿勢で条件交渉をしましょう。

まとめ:エージェントの力も借りて条件交渉を成功させよう

根拠もマナーも大切、事前準備が不可欠、と頭では理解してはいても、実際に転職を進めていくと、いざ交渉というときになって自信がなくなったり、気後れして言い出せなかったりすることもあるかもしれません。緊張や気持ちの問題など、さまざまな要素が影響することもあり、必ずしも条件交渉がうまくいくとは限らないもの。

転職活動は、多くは自分ひとりで進めるものですが、頼れるものが自分しかない状況では、心もとないことがあるのも事実です。そんなときは、転職エージェントの力を借りることも検討してみましょう。

転職したい人と、転職者を募集する企業の仲介をするエージェントは、転職のプロ集団です。面接対策など転職にかかわる知識を応募者に伝えるだけでなく、応募者の市場価値を根拠に基づいて判断したうえで、企業に対して応募者が有利になるように条件交渉を行うこともできます。また、希望する条件がかなわない場合には、応募者の価値観やニーズに合わせて新たな求人を紹介してくれることも。

転職のプロを最大限活用して納得のいく条件交渉を行い、希望通りの転職・心地よい環境での仕事を実現しましょう。

ライタープロフィール

株式会社ライトアップ

 

次のステージへ。転職ならランスタッド

次のステージへ。転職ならランスタッド

ランスタッドは世界最大級の総合人材サービス企業。1960年にオランダで創業以来、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼で、これまで多くの皆様の転職を成功に導いてきました。
お一人ひとりのご状況に合わせた的確なアドバイスと丁寧なサポートで、あなたの転職を支援します。

ランスタッドの求人情報

ログアウト