伝わる、分かる! プロの企画書の構成と書き方

閉じる
2017/01/17

会社など様々な場で、「企画書を書いてきてほしい」と言われる機会があるかもしれません。しかし、初めて作成する方は「企画書ってどんなふうに書けばよいのだろう・・・」と悩んでしまうのではないでしょうか。ここでは、例を挙げながら企画書の書き方を解説していきます。

そもそも企画書とは

企画書とは、自分が推進したい企画(商品やプロジェクトなど)の意図や今後の作戦などを、協力してもらいたい人に伝え、賛同してもらうための資料です。
企画にも商品企画、事業企画、キャンペーン企画、イベント企画、研修企画、出版企画など様々あります。それぞれについて、企画の目的、内容、具体的なスケジュールなど、必要な項目にポイントを絞って書いていきましょう。

企画書の書き方

企画書を作成する際、一番初めに全体の流れ、つまりは構成を書き出すことをおすすめします。必要十分に、抜け漏れのないようにするためにも、いきなり冒頭から書き出すのではなく、最初に構成を用意することがポイントです。
所属する組織で決まっている書式や自分なりのフォーマットがない場合は、まずは載せるべき項目を列挙してみましょう。紙に書き出す、付箋に書いて並べ替えてみる、パソコンで新規文書に打ち込んでみる、といった方法があります。

なお、パソコンで企画書を作成するときは、Microsoft OfficeのExcel、Word、PowerPointなど、自分の使いやすいソフトを使いましょう。
構成案の一例を挙げてみます。

  • 1.タイトル
  • 2.目次
  • 3.目的とその背景、提案理由
  • 4.提案内容
  • 5.対象者
  • 6.目標
  • 7.スケジュール
  • 8.参考資料

以下に詳しく見ていきましょう。

タイトル

企画の内容を短く簡潔に言い表します。長くなってしまう場合、副題で補足するのもひとつの手です。
例)「●●(商品)の販売促進キャンペーン企画書」

目次

企画書が数ページにわたる場合は、目次をつけましょう。プレゼンテーションすることを想定し、話がスムーズにできるよう項目を並べていきます。
(※Word、PowerPointで目次を設定する場合は、「プロのパワーポイント活用術「ページ番号」目次があるときの対処法」「プロのワード活用術「ページ番号」の設定法・書式設定」をご覧ください。)

目的とその背景、提案理由

客観情勢などの背景をふまえ、何のために、なぜこの企画を行うのか理由を説明します。
例)新商品発売/既存商品のてこ入れをするため
  ユーザーの変化による市場縮小を受け、新規顧客層の開拓をするため
  競合他社の参入・追随を受け、トップシェアを維持するため

提案内容

・商品/サービスの強み弱み

今回扱う商品/サービスの概要や強み弱みを、競合する商品/サービスと比較しながら説明します。新しいカテゴリーの場合は、それに近いものや、何を代替するものになるのかを説明します。また、すでに想定されている課題があれば、解決策とともに記載すると、説得力が増すでしょう。

・市場調査、現状分析

対象者がどこにどのくらいいるのか、何を求めているのか/いないのか、詳しい調査結果を記載します。現状の市場動向だけでなく、過去から将来へのトレンド、見通しがあるとより分かりやすくなります。

・調査、分析結果への対応策

市場調査、現状分析結果から導き出した最適な販売方法、宣伝方法のアイデアなどがあれば、記載します。
研修や、内部の企画などであれば、具体的に何を取り上げるのか、ということをこの項目で述べます。

対象者

企画のターゲットは誰か、年齢や性別、地域、所属、特性などについて分かりやすく表します。
例)30~40代の働く男女
  就園・就学期の子どもを持つファミリー層
  ●●を保有し、買い替え時期が到来している人
  昇格を控えた管理職(社内研修などの場合)

目標

この企画で目指す目標を、可能であれば数値化して表します。教育研修など数字になりにくいものは、目標水準を文章で表現してもよいでしょう。もし費用対効果や収支計画があれば別項目で記載します。
例)月間売上高●●円、アクセス数●●件、新規契約●●社
  新入社員の業務知識を、単独で顧客対応できる水準まで引き上げる

スケジュール

企画を遂行するにあたって、いつまでに何をするか、具体的な準備や実行の流れのスケジュール案を記載します。フローチャートや、時系列の表を用いると分かりやすいでしょう。複数の部署や関係者が関わる場合は、誰が何をするかという項目も必要です。
例)7月上旬 対象顧客向けにDM発送、7月中旬よりフォロー電話、・・・
  3月商品試作→4月モニターテスト→調整→6月再テスト・・・

参考資料

調査結果や検討材料となるものは、企画書を読んだ人があとで実際に参照できるよう、参考資料として末尾にまとめておきます。参照URL、書名・誌名も、企画書に記載するか手元に控えておきましょう。どの範囲まで調査してあるかを示す、という意味でも重要です。

分かりやすくするためのポイント3つ

企画書はコンパクトにまとめる

企画について真剣に考えるほど、書きたいことが増えてきます。しかし、企画書を書く目的は、内容を理解して賛同してもらうことです。具体的な実行マニュアルではありません。あまりに分厚い企画書で読み手の意欲をそがないよう、A4で1~4枚程度に抑えられるとよいでしょう。また、余白を極端に減らしたりせず、大きめのフォントですっきり見せるのも大切です。

一文一文を短く簡潔にする

企画書はパッと見て内容をつかめることが大切です。ポイントを箇条書きにして、それぞれの補足説明を1,2行で書く、というくらいの意識で書きます。

グラフや図で視覚的に理解しやすくする

いいたいことを文字で書いたら、それをグラフや図表でまとめ直します。グラフや図表が多い場合は、たとえばレイアウトの左半分が文章、右半分が図というように、全体観も統一すると読みやすくなります。

いかがでしたか。一口に企画書といっても目的に応じて書き方を変える必要があります。まずは、インターネット上のテンプレートなどを参考にするのもおすすめです。そこで企画に必要なもの、不要なものをしっかり見極め、オリジナリティを加えて、読み手が採用したくなる企画書を作成してください。もし、企画に関するキーワードやキャッチコピー、短いフレーズなどのアイデアがすでにある場合は、ぜひ企画書に入れてみてください。言葉に惹かれ賛同を得やすくなるでしょう。ご自身の熱意の伝わる企画書を作成してみてください。

ライタープロフィール

遠藤 美穂子
国家資格キャリアコンサルタント。2級キャリアコンサルティング技能士。
14年間の都市銀行勤務を経て、キャリアコンサルタントとして活動開始。ハローワークでの研修講師や、ビジネスマナー指導、大学でのキャリア教育や就職指導を担当。講演のほか、書類の添削や面接でのロールプレイングなど実践的指導も行う。国際文化会館主催の次世代リーダー育成プログラム、新渡戸国際塾一期生。2児の母。
株式会社近代マネジメント

ログアウト