五月の憂鬱に効く!毎日を快適に過ごすヒント

閉じる
2016/05/13

新年度が始まって1ヶ月。新しい環境、人、仕事、と何かしら新しいことがあったのではないでしょうか?新しいことは楽しさもいっぱいですが、その中でのペースづくりや人間関係構築など、気を遣うことも多いですよね。ゴールデンウィークは、そんな疲れやストレスを癒してくれたことと思います。
しかし連休が終わり、いざ日常生活に戻ると、何となく憂鬱でやる気が起こらない、調子が出ない、という五月病状態の人も多いのではないでしょうか。

感情は言葉以上に伝播する

憂鬱な気持ちを解消するために大切なのは、普段の生活の中で「日常的にリフレッシュ」することです。日々の疲れやストレスは、その日のうちにケアしておきましょう。溜まってしまうと心の余裕がなくなり、ついちょっとしたことでイライラし、それが周りの人にも伝播します。
「あ、今〇〇さん、御機嫌悪そうだから、後にしよう」と、話しかけるのを避けること、ありますよね?たとえ言葉にしなくても、態度に表れるものです。非言語のコミュニケーションは、言葉以上に伝わります。そんなイライラは、早いうちに、さようならしましょう。

毎日を快適に過ごす工夫

まずは自分自身が毎日を気持ちよく過ごせるように、心がけましょう。たとえば、以下のような習慣を日常に取り入れ、リラックスできる時間を意識的に持ってみてはいかがでしょうか。

  1. 一日の始まりに、何か一つ気分を上げる儀式をつくる(太陽に向かって伸びをする、など)
  2. 日中、ちょっと気分が落ち込んだ時に気分転換できるものを持つ(ミントの香り、など)
  3. 一日の終わりに、1つ「今日の良きこと」を思い出し、感謝する

またセルフコア(自分らしさ)を意識して、日々の中で"ちょっとした工夫"をすることをお薦めします。セルフコアは、人それぞれ違います。自分が充足感を感じるセルフコアを知り、ちょっとした工夫をしてみましょう。

たとえば私の場合。先日、いつも通る駅までの道の一本手前を曲がってみました。すると、なんと駅までの距離が短かった!という「発見!」が。なんだか、得した気分で、すっかり気分が上がりました。これは、私のセルフコアである「発見」が満たされたので、気分が上がったパターンです。

あなたのセルフコアは何ですか? 今一度、考えてみましょう。たとえば「自分と向き合う」ことが喜びの人でしたら、瞑想をするのもよいかもしれませんし、「整理する」ことに満足を覚えるなら、徹底的にどこか1箇所、バッグの中でも掃除をしてみる、でもよいかもしれません。 自分のセルフコアで毎日を工夫して、楽しく快適に過ごしましょう!

【セルフコア(自分らしさ)を探す、3つのヒント】

セルフコアにつながる行動をすれば、憂鬱な気分が吹き飛び、より快適な毎日に変わります。以下を心の中で思い描き、セルフコアを探ってみてください。

  1. あなたは、何をしているときに、幸せを感じますか?
  2. ずっとしていても、飽きないことは何でしょう?
  3. 最近ワクワクした、ちょっとしたことは何だったでしょうか?



執筆者プロフィール

J-BRANDING株式会社 代表取締役
竹内 春海 (セルフコア コンサルタント)
上智大学卒業後、博報堂に入社し、営業として外資系企業の女性商品を担当。その後、ブランディング会社、Ogilvy&Matherに転職し、営業部長として多国籍な女性チームを率いる。広告&ブランディング歴27年のスペシャリスト。
現在はセルフコアコンサルタントとして、セミナー等で幅広く活躍中。http://j-branding.jp/


ランスタッドはあなたのキャリアデザインを
さまざまなメニューで応援します

未経験からスキルをつけたい方、ライフスタイルに合わせた働き方をしたい方、派遣から正社員を希望される方、ワンランク上の転職をお考えの方... ランスタッドはそれぞれのご希望を叶えるお手伝いをいたします。
お仕事をお探しの方は、こちらからどうぞ。

ランスタッドで希望の働き方を見つける

ログアウト