「自分らしさ」を知る、3つのヒント

閉じる
2015/09/15

昨年大流行した「ありのまま」という言葉。
流行ったのは、多くの人が「そうありたい、でも難しい」と感じたからですよね。
「本来の自分」、あなたは大切にできていますか?

このコラムでは自分らしさを軸にして「働く人のためのセルフブランディング」のヒントをお届けします。


「自分軸」と「他人軸」

仕事上、周りの人に合わせることは、円滑な人間関係や業務の遂行には大切な要素。でも、気をつけないと「本来の自分」がどこかに置き去りになってしまうことがあります。しかも、気がつかないままに。
これでは気づかないうちに、「他人のものさし」を軸にして生きていることになってしまいます。「他人のものさし」と「本来の自分の軸」がずれていると、自分の中で不協和音が生まれ、なんとなく憂鬱になります。そして最悪の場合、燃え尽き症候群や、果てしない自分探しの旅に陥ってしまいます。

大切なのは「本来の自分の軸(セルフコア)」を知ること。「セルフコアで考えて行動している自分」と「他人のものさしに合わせている自分」の切り替えを、意識的に行うことです。


セルフコアの見つけ方

よく「私はふつうで、とりたてて特徴もない」という人がいます。この人には、「セルフコア」はないのでしょうか?いいえ、長い間「本来の自分」を意識的に考えたことがないだけです。

そこで、セルフコア探しのヒントをお伝えします。以下の3つを、心の中で思い描いてください。

  1. 人から褒められた言葉は?
  2. こう言われたら嬉しいなと思う言葉は?
  3. 自分がいいなと思う人の特徴は?

すぐに思いつかない方は、親しい友達や家族・同僚に「私のいいところはどこ?」と聞いてみるのもいいでしょう。

こうして、「セルフコア」が見つかれば、自分自身を意識的に切り替えていけます。「セルフコア」を大切にしながら、時には「他人のものさし」を受け止め、合わせることも大切。こうして「自分らしさ」を知り、磨いていってください。

10月22日に、初対面のシーンで自分らしさを表現するための「第一印象アップセミナー」を開催します(無料)
ぜひお越しくださいね!


執筆者プロフィール

J-BRANDING株式会社 代表取締役
竹内 春海 (セルフコア コンサルタント)
上智大学卒業後、博報堂に入社し、営業として外資系企業の女性商品を担当。その後、ブランディング会社、Ogilvy&Matherに転職し、営業部長として多国籍な女性チームを率いる。広告&ブランディング歴27年のスペシャリスト。
現在はセルフコアコンサルタントとして、セミナー等で幅広く活躍中。http://j-branding.jp/


ランスタッドはあなたのキャリアデザインを
さまざまなメニューで応援します

未経験からスキルをつけたい方、ライフスタイルに合わせた働き方をしたい方、派遣から正社員を希望される方、ワンランク上の転職をお考えの方... ランスタッドはそれぞれのご希望を叶えるお手伝いをいたします。
お仕事をお探しの方は、こちらからどうぞ。

ランスタッドで希望の働き方を見つける

ログアウト