精神障害者の方へ

精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方につきましては、ランスタッドの精神保健福祉士が精神保健福祉士法に基づいた専門的な就労支援サービスをご提供しておりますが、有資格者配置の関係上、本サービスをご提供できるエリアは、一部の地域(東京・神奈川・千葉・埼玉)となりますことを予めご了承ください。


精神障害者のキャリアパス

まずは、ご自身がキャリアパスのどの過程にあるのか、確認してみましょう。ランスタッドでご紹介できる求人は、STEP6とSTEP7の、一般企業で就労実績がある方が対象となります。

ランスタッドの精神保健福祉士と一緒にキャリアアップの夢を実現してみませんか?

 

| STEP1 | STEP2 | STEP3 | STEP4 | STEP5 | STEP6  | STEP7  |

【STEP1】 就労継続B型

就労継続B型は、無理せず「行ける時に行く」ことができる施設が多いので、生活・就労のリズムをこれから整えたい方が多く利用しています。

  • 病状:福祉施設での就労であれば主治医の許可が下りている。
  • 生活:睡眠等生活リズムがまだ整っておらず、決まった時間に通所することが難しい。
  • 平均工賃:月額14,437円(H25年度平均)。

【STEP2】 就労継続A型

就労継続A型は、施設と「雇用契約」が結ばれるので、就労のリズムを整えて、福祉施設以外での就労(一般就労)のためのステップアップを目指す方が多く利用しています。

  • 病状:福祉施設での就労であれば主治医の許可が下りている。 
  • 生活:睡眠等生活のリズムが安定し始めたが、遅刻・欠勤の不安もある。
  • 平均工賃:月額69,458円(平成25年度平均)。

【STEP3】 就労移行支援事業所

就労移行支援事業所は、福祉施設以外での就労(一般就労)に必要な知識や能力を身につける職業訓練や実習、面接対策等を行う事業所です。各事業所によっても特徴が様々ですので、自分にあった事業所を探しましょう。

  • 病状:主治医から短時間(週20時間以上)の勤務の許可が下りている。
  • 生活:福祉施設で働いた経験等で、就労の習慣はある程度身についている。
  • 平均工賃:事業所により異なります。

【STEP4】 特例子会社・一般企業就労 (週20時間)

週20時間就労(一日4時間X5日)が確実に出来る。フルタイム(一日7時間ないしは8時間)の就労継続した実績や自信はないけれど、週30時間就労継続できるように経験を積んで行きたい。

  • 病状:主治医から20時間就労の許可が下りている。
  • 通院:月1度の通院では不安を感じている。中途覚醒(夜中に目が覚める)のは1回~2回。
  • 服薬:薬は定期的に服薬できている。
  • 生活:相談が必要な際に自ら情報発信が出来る。
  • 年収:100万~200万未満。

【STEP5】 特例子会社・一般企業就労 (週30時間)

週30時間就労(一日6時間X5日)が確実に出来る。フルタイム(一日7時間ないしは8時間)の就労継続した実績や自信はないけれど、週40時間就労継続できるように経験を積んで行きたい。

  • 病状:主治医から30時間就労の許可が下りている。
  • 通院:月1度の通院では不安を感じている。
  • 服薬:薬は定期的に服薬できている。中途覚醒(夜中に目が覚める)のは1回~2回。
  • 生活:相談が必要な際に自ら情報発信が出来る。
  • 年収:200万~300万未満。

【STEP6】 一般企業の一人配属部署で就労 (週30時間が2~3年)

※ランスタッドでの就労支援対象です

既に特例子会社、一般企業での30時間以上、できればフルタイムの就労継続実績が、直近で2~3年以上ある。

  • 病状:主治医から30時間就労の許可が下りている。
  • 通院:月1度の通院で安定している。
  • 服薬:薬は定期的に服薬できている。
  • 生活:相談が必要な際に情報発信が出来る。
  • 年収:300万以上~

【STEP7】 一般企業の一人配属部署で就労 (フルタイムが2~3年)

※ランスタッドでの就労支援対象です

残業、業務量の環境調整を図れば、自分の専門性を活かした業務に従事し、キャリア形成を図ることにエネルギーを集中できる。

  • 病状:主治医からフルタイム就労の許可が下りている。
  • 通院:月1度の通院で十分安定している。
  • 服薬:薬は定期的に服薬できている。
  • 生活:相談支援事業所等の社会資源を自発的に利用できる。
  • 年収:350万以上~




「一人配属部署」で働くためのスキルチェック

一人配属のオフィスで働くためには、どんなことが整理できていると良いでしょうか?




1.基本的ビジネスマナー

  • 清潔で、ビジネスに適した身だしなみが出来る。
  • 敬語・謙譲語を使いこなすことが出来る。
  • 挨拶、返事、お礼が出来る。
  • 相手を尊重した態度で接することが出来る。
  • 配属先に即した電話応対が出来る。
  • 仕事を頼まれたらメモを取りミスが無いように確認が出来る。
  • 課題に直面し一人では解決が難しい場合、上司や周囲の社員にサポートを求めることが出来る。
  • 出社には余裕を持って出かけ、遅刻・欠勤の場合は予め連絡が出来る。
  • 整理整頓、適切な文書管理(ファイリング、破棄等)が出来る。

2.事務スキル+PCスキル能力

  • 依頼された仕事を、ミス無く納期内に遂行することができる。
  • 上司、同僚と円滑にコミュニケーションを図ることができる。
  • Wordを使った案内状作成ができる。
  • Excelを使った表計算・グラフ作成が出来る。
  • Powerpointを使ったプレゼン資料作成ができる。

3.障害特性理解

  • 自分の障害について説明が出来る。  
    ⇒一般的な内容の他、自分の場合はどのような傾向があるか説明出来る。
  • 服薬している薬の特徴・副作用について説明が出来る。
  • 感情のコントロール等、自分の障害特性に応じたコントロール方法を身に付けている。

4.30時間以上就労継続経験2年以上

  • 発症後、1社で週30時間以上の勤務を2年以上継続できている。  
    ⇒発症後、2年未満で転職を繰り返している場合は、主治医と相談し、今一度自分にあった就労環境ついて整理してみましょう。

5.主治医との就労環境合意

  • 主治医に転職について相談し、合意を得ている
  • 主治医の意見書(様式4)を取得している。
  • 主治医の意見書(様式4)について  
    ・「日常生活の能力程度」については「(1)社会生活は普通にできる」とされている。
    ・「就労に際しての留意事項」について、週30時間以上の就労が許可されている。
    ・「就労能力の程度」については「①一般企業での通常勤務が可能」とされている。
  • 主治医より「主治医の意見書」をもとに、就労にあたって適切な勤務時間・日数、必要な配慮事項等説明され、納得している。

6.月1度の通院、夜1度以下の中途覚醒

  • 通院は月1回まで落ち着いている。
  • 中途覚醒(睡眠途中で目覚めてしまう)が無い、あっても1晩に1回程度で安定している。




先輩インタビュー


統合失調症発症から7年経過(40代男性)

一般企業にて技術専門職で就労継続中


障害者のための転職支援サービスエントリーはこちらから(無料)

ランスタッドでは、専任コンサルタントが面談から定着フォローまで一貫して行って参ります。希望のお仕事が見つかるまで誠心誠意対応致しますので、お気軽にご相談ください。

なお、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方につきましては、ランスタッドの精神保健福祉士が精神保健福祉士法に基づいた専門的な就労支援サービスをご提供しておりますが、有資格者配置の関係上、本サービスをご提供できるエリアは、一部の地域(東京・神奈川・千葉・埼玉)となりますことを予めご了承ください。

ランスタッドにエントリー

TEL:03-3516-3861(月~金 9:00~17:30)※祝日除く
FAX:03-3516-3582

ログアウト