【Vol.4】目指すは日本と海外の架け橋!強みを活かして新たなキャリアにステップアップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
閉じる

チャブラ アンシュルさん

キャリア
リロケーション会社(インド)
 ▼
日系IT企業(マレーシア)
 ▼
商社にてBtoB営業(日本)
 ▼
ビジネスコンサルティング(日本)

幼少期より日本の歴史や文化に親しみ日本語も堪能。大学卒業後はインド・マレーシアでも日本に関わる仕事に携わり、2015年から日本での就業をスタート。現在は、相鉄ホールディングス株式会社にて新たなキャリアを歩んでいます。

大好きだった日本―初来日をきっかけに日本で働きたいと思うように

2012年に政府の学生交流プログラムで来日した時に、大手日系自動車メーカーの工場とオフィスを訪問して抱いた印象がきっかけです。工場で5Sを始め、細かなことに注意していて、だからこそ日本の技術は優れていて世界に認められているんだと思って、是非日本で働きたいな、という気持ちになりました。オフィスの中だけでなく、会社の至るところで、皆さんがスーツ姿というのにも憧れがありました(笑)。
最初から日本で就職するのはハードルが高かったので、インドやマレーシアで社会人経験やビジネスで使える日本語を身に着けてから、お世話になった先生の紹介で日本で働き始めました。

ゴールを信じて諦めない!強みを活かして転職成功

仕事を探すときには言葉の面では大丈夫かなと思っていたんですけど、筆記試験には苦戦しました。
読み書きはもちろん出来るのですが、漢字圏の外国人の方に比べると不利かな・・・と。そこが苦労した点ですね。
今の会社(相鉄ホールディングス株式会社)に入るときは、たまたま筆記試験は無かったのですが、コミュニケーションスキルをアピールする機会―面接だけでなく希望した会食も快くお受け頂き、その場でざっくばらんにしっかりとお話をすることができました。色々とお話を伺う中で、非常に社員のことも会社のことも大事にしていて、自分の考えともすごく一致する部分があって、その時に「この会社だ!」と決めました。
転職には3ヶ月かかったのですが、諦めずに、いつか必ず乗り越えられる、今じゃなければ明日がある、ゴールとなる日が必ず来ると信じて乗り越えられた結果ですね。

活かしたいスキルを明確に伝えたことで、やりたい仕事に出会えた

今までは上司や知り合いの紹介での転職が多かったんですが、今回は、ランスタッドの求人で気になる仕事があったので応募したのをきっかけに、転職支援サービスを利用しました。
担当の山下さんには、コミュニケーションスキルと交渉スキルを活かせることが仕事探しのポイントだとはっきり伝えました。色々調べて頂いて3社紹介されたんですけど、どれも自分の経歴に合っていて、すごくやってみたいなというお仕事だったんです。他のエージェントで、経歴や希望に沿わない仕事を紹介されることもあったのですが、御社の場合は、自分の経歴にあった仕事を紹介してくれただけでなく、色々パーソナルな面でも、別の会社より気を使ってサポートいただいてそれが良かったんです。
転職エージェントを利用して転職したのは初めてですが、長い目で見ると、お給料や契約の面で交渉してもらえるので有利かな、と個人的には思いました。

これからのキャリア、将来に向かって

新規事業を担当する部署なので、何が必要なのか、何をすべきなのか考えることも多くあり、いろいろな対応を求められますが、逆にそれは嬉しいです。
外国人だから、年下だからとか一切関係なく、意見や考えを取り入れてもらえたり、毎日違うことをやることで成長出来ていると感じます。
これまではサービスを提供する仕事が多かったのですが、不動産開発だと目に見えるものを作って、「これは自分が作りました」と言えるようになることは新しいキャリアですね。
現在、弊社は様々な業界でサービスを提供しているんですが、いずれは母国のインドで、その相鉄の幅広い事業を展開出来たら一番嬉しい、将来的にそこに関われたらいいかな、と思っています。インドはとても成長している国でもあるので、スーパーマーケットやホテル業界で入っていけたらいいですね。これから何年かかけて学ぶことを糧にして、母国のインドだけでなく、日本と海外の架け橋になりたいと思っています。

コンサルタントからの一言

最終段階ではベンチャー系企業と相鉄ホールディングスの2社で迷われていましたが、組織の規模や肩書きだけでなく、ご自身がどの様な役割を担うのか、そしてどの様に日本と海外の架け橋になれるか、という観点から今の道を選ばれました。 インタビューにてイキイキとお話されている姿を拝見し、今後のご活躍が益々楽しみになりました。

ランスタッド株式会社 担当コンサルタント
山下 拓

ログアウト