サントリーHDが日本で最も働きたい企業に決定!【エンプロイヤーブランド・リサーチ ~いま最も働きたい企業 2019~】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
閉じる
2019/05/15

勤務先として魅力ある企業を明らかにする世界最大規模の調査
2位 味の素、3位 トヨタ、海外企業部門1位は Apple Japan

サントリーHDの首位獲得は2016年ぶり3度目



世界最大級の総合人材サービス会社ランスタッドホールディング・エヌ・ヴィー(本社:オランダ王国ディーメン、CEO: ジャック・ファン・デン・ブルック)の日本法人であるランスタッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:猿谷哲、以下ランスタッド)は、勤務先として魅力ある企業を世界共通基準で測る「エンプロイヤーブランド・リサーチ ~いま最も働きたい企業 2019~」の調査結果を発表しました。日本全国約7,000名からの回答の結果、今、最も魅力のある勤務先にサントリーHDが、海外企業部門では2年連続でApple Japanが選ばれました。


▲エンプロイヤーブランド・リサーチ ~いま最も働きたい企業 2019~ 受賞企業



優秀な人材の獲得とリテンションの向上は、企業が持続的に成長し、グローバル競争に勝ち残っていくための重要な要素です。超少子高齢化社会に突入した日本では、人材の確保自体が大きな課題です。「エンプロイヤーブランディング」は、雇用戦略としてだけでなく、経営戦略の大きな要として、益々重要になるでしょう。ランスタッドは今後もエンプロイヤーブランド・リサーチや関連調査を通じて、企業・団体の真の可能性の実現に貢献することを目指してまいります。




■エンプロイヤーブランド・リサーチ ~いま最も働きたい企業 2019~ 各賞の結果

サントリーHDが総合1位を獲得! 2位に味の素、3位にトヨタ自動車

サントリーHDは昨年11位からの躍進。2012年にエンプロイヤーブランド・リサーチを日本で開催して以来、3度目の総合1位となりました。「職場環境が快適である」「環境や社会に貢献している(CSR)」「興味深い仕事がある」など、10指標中9の指標でトップ10入りし、総合的に高く評価される結果でした。


2位の味の素は、「ワークライフバランスが実現しやすい」「長期にわたる安定した雇用機会がある」「職場環境が快適である」など10の指標の内6つの指標でトップ10入りし、多くの指標で回答者から高く評価されています。

3位のトヨタ自動車は「財務体質が健全である」「長期にわたる安定した雇用機会がある」「キャリアアップの機会がある」「革新的な技術を活用している」「社会的評価が高い」「給与と福利厚生が充実している」の6指標で1位となり、非常に高い関心を集めていることが分かりました。




海外企業部門は、Amazon Japan、P&Gを抑え、Apple Japanが2年連続1位を受賞

海外企業部門は、1位にApple Japan、2位Amazon Japan、3位にP&Gが選ばれました。




業界別の表彰では、セブン&アイHDが初の1位に

業界別ランキングでは、建設/不動産/住関連でTOTOが、金融/保険ではゆうちょ銀行やかんぽ生命などを有する日本郵政が、昨年同様に1位に輝きました。また、商社/卸/小売業では、セブン&アイHDが初めて業界1位に選出されました

業界別 Top1
建設/不動産/住関連 TOTO
食品/飲料 サントリーホールディングス(サントリー)
ヘルスケア/ホームケア/化学 花王
資源/素材 ブリヂストン
機械/輸送用機械 トヨタ自動車(トヨタ)
電気機器/精密機器/そのほか製造 ソニー
商社/卸/小売業 セブン&アイ・ホールディングス
金融/保険 日本郵政
運輸 全日本空輸(ANA)
情報通信/サービス業 楽天




注目企業部門ではGoogle Japanが3年連続で1位を獲得

革新的な技術やサービスで新たな価値を提供する企業を選出した注目企業部門では、1位に3年連続でGoogle Japan、2位にカルビー、3位にヤフーが選ばれました。

注目企業 Top5
1位 Google Japan(グーグル)
2位 カルビー
3位 ヤフー(Yahoo)
4位 クックパッド
5位 キーエンス




エンプロイヤーブランド・リサーチ ランスタッドアワードとは

「勤務先としていま最も人材をひきつける魅力のある企業」を第三者機関であるTNS/JWT(本社イギリス/アメリカ)に委託する調査によって選定し、表彰を行います。2000年にベルギーで初めて発表して以来、世界共通基準のもと各国で毎年実施され、「エンプロイヤーブランド(企業魅力度)」を測る世界最大級の調査として高く評価されています。日本では2012年から開始し、今回で8回目の実施です。

今回の日本の調査では、18歳から65歳までの男女約6,746名に対し、調査対象の225社について「社名を知っているかどうか」と「その企業で働きたいかどうか」を問い、評価の高い企業を明らかにしました。また、勤務先選択の際に重視する指標についての調査も実施しました。

同様の調査は、世界32の国と地域で行われ、各国にて順次結果発表・表彰が行われています。



国内調査実施概要

調査対象: 18歳から65歳までの日本人男女6,746名
調査期間: 2018年12月14日~12月24日
調査方法: インターネットによるWebアンケート形式。
公式サイト: https://www.randstad.co.jp/ebr/



エンプロイヤーブランド・リサーチ 2019 開催地域

ヨーロッパ地域

オーストリア、ベルギー、チェコ、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、イタリア、ルクセンブルク、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スイス、UK、ウクライナ

アメリカ大陸地域

アルゼンチン 、カナダ、ブラジル、USA

アジアパシフィック・その他の地域
オーストラリア、中国、ドバイ、香港、インド、日本、マレーシア、ニュージーランド、ロシア、シンガポール

以上、32の国と地域




ランスタッド株式会社 会社概要

[社名] ランスタッド株式会社
[設立] 1980年8月
[代表] 代表取締役会長兼CEO カイエタン・スローニナ  代表取締役社長兼COO 猿谷哲
[所在地] 東京都千代田区紀尾井町4-1ニューオータニガーデンコート21F
[資本金] 1億円
[事業内容] 人材派遣サービス/紹介予定派遣サービス/人材紹介サービス/アウトソーシング事業
[URL] www.randstad.co.jp


<このリリースに関する問合せ先>
ランスタッド株式会社
広報担当
寺島
Tel: (03) 5275-1883
Fax: (03) 5275-1878
Email:
communication
@randstad.co.jp

ニュース&インフォメーション

ログアウト