派遣スタッフの働き方改革 同一労働同一賃金のための改正労働者派遣方 派遣スタッフの働き方改革 同一労働同一賃金のための改正労働者派遣方

キービシュアル キービシュアル

2020年4月、改正労働者派遣法が施行されます。これは、どんな雇用形態でも公正な待遇を得られるようにすることで、さまざまな事情に応じて柔軟に働き方を選べるようにする「働き方改革」の一環です。一人ひとりの仕事内容や能力を適正に評価することで、誰もが意欲をもって働ける社会を目指す「同一労働同一賃金」。派遣スタッフの待遇改善が期待できる、新しい時代の働き方を解説します。

同一労働同一賃金とは

同一労働同一賃金のポイント

ポイント1

雇用形態による不合理な待遇差※1をなくすためのルールが規定されます。

正規と非正規雇用の間の待遇差を
均等均衡のとれたものになります。

業務内容と責任の程度、配転の有無と範囲、その他の事情等が同じなら同じ待遇にすること。

業務内容と責任の程度、配転の有無と範囲、その他の事情等を考慮してバランスの取れた待遇にすること。

業務内容と責任の程度、配転の有無と範囲、その他の事情によらず、合理的な理由無く待遇に差をつけること。

ポイント2

派遣スタッフの待遇改善が期待でき、モチベーションの向上につながります。

ポイント3

待遇について説明を受けることができます。

派遣スタッフの求めに応じて、ランスタッドが待遇の決定方式などの制度について説明します。

納得して働き続けるために

派遣会社の役割
チェック 1

1. 派遣スタッフの公正な待遇を確保

派遣スタッフの待遇は以下の1または2の方式により決定します。ランスタッドでは原則2の方式を採用しています。

1派遣先均等・均衡方式

すべての待遇が、派遣先の社員と均等・均衡になります。

※派遣先均等・均衡方式について詳しく
すべての待遇
閉じる
2労使協定方式

派遣会社との一定の要件を満たす労使協定により、同じ地域・同じ職種の正規雇用労働者の平均的な賃金以上に賃金を決定。派遣先の福利厚生施設の利用機会付与は、派遣先の正規雇用労働者と均等・均衡になります。

※労使協定方式について詳しく
一定の要件
閉じる

2. 雇入れ時・派遣時に待遇を明示・説明

1雇入れ時
明示事項
  • A昇給・退職手当・賞与の有無
  • B労使協定の対象かどうか
  • C派遣スタッフからの苦情の処理について
説明事項
  • D派遣先の正規雇用労働者と同等の待遇になること※1
  • E一定の要件を満たす労使協定で待遇を決定していること※2
  • F賃金の決定にあたり勘案した事項※2
2派遣時
明示事項
  • 1A・B※3
  • G賃金※4の決定等に関する事項
  • H休暇に関する事項
説明事項
  • 1D・F
  • ※1 派遣先均等・均衡方式
  • ※2 労使協定方式
  • ※3 労使協定方式の場合はBのみ
  • ※4 退職手当および臨時に支払われる賃金を除く

3. 派遣スタッフの求めに応じた説明

派遣会社は、待遇の具体的な内容や待遇に違いがある場合の理由等について、派遣スタッフの求めに応じて説明します。

就業先企業の役割
チェック 2

1. 業務に必要な教育訓練の実施

就業先企業は、自社の従業員に業務に必要な教育訓練を実施している場合、派遣スタッフに対しても実施する義務があります。

2. 就業先企業の福利厚生施設の利用機会付与

就業先企業は、自社の従業員が利用する食堂・休憩室・更衣室は、派遣スタッフにも利用させる義務があります。
それ以外の施設についても利用できるよう配慮します。

こう変わる!派遣スタッフの働き方
(労使協定方式の場合)

メリット1公正な待遇

待遇の考え方や制度を整備。

メリット2一定水準の賃金確保

同種の業務に従事する一般労働者※1の平均的な賃金(基本給・賞与・手当等)以上の賃金を維持。

同程度の能力・経験があり、同じ地域で働く正規雇用労働者のこと。

メリット3キャリア開発の機会

評価制度が整理され、キャリアステップが見えやすく。

メリット4その他の待遇改善

通勤交通費などの支給が標準化。