CAD使用経験者の機械設計

航空、自動車、機械、住宅などあらゆる設計・製図のニーズに対して、ランスタッドは自社運営のCADトレーニングセンターを構え、人材育成に注力しています。
グローバル化が進み、ニーズの多様化に対応できる、即戦力として活躍できるテクニカルスタッフが多数登録しております。
こちらでは今後の企業の発展を担う人材の育成を前提とした、CADオペレーターの紹介予定派遣の事例をご紹介します。

製図・設計(CAD)の紹介予定派遣 事例詳細

企業例

企業 業種分類 製造業:電気機械器具製造業
事業内容 LED関連機器、LED照明機器、SA機器、ICカード/ヘルスケア関連

人材例

スタッフ
30歳代
男性
希望職種 自動車のシート設計・開発の業務の経験が活かせる職種
経歴 CADスクールを卒業後、当社スタッフとして大手自動車メーカーにて約4年間就業。その後再度当社CADトレーニングセンターにてスキルアップ研修を行う。
就業期間 4ヶ月
業務内容 電光掲示板の機構設計、震耐性試験、試作実験、業者との打合わせ、外注管理、特性評価

人材サービスご利用の流れ

ランスタッドが企業様からのお問い合わせ・ご依頼を受けてから人材サービスを提供するまでの流れをご紹介します。
(ここで紹介するのは、あくまで一例です。実際のケースでは異なる部分が生じる場合がございます。)

企業様のニーズスタッフの要望
企業 当社の設計・開発の技術を引き継ぎ、さらに改善を加えられるような技術者を採用したい。他部署と上手く折衝できる柔軟さを持ち、また、勤勉さと真面目さを兼ね備えた人材を希望。

スタッフ これまでの設計・開発業務の経験を活かせる仕事を希望。安定した職場環境で、機械設計業務に取り組みたい。

ご提案
ランスタッド スタッフは、以前に営業職の経験があることからコミュニケーション能力が非常に高く、なおかつCADの基本スキルを備えていることから、企業にご推薦。

紹介予定派遣契約内容の確認
派遣社員として勤務する期間や、その後の直接雇用までの採用の流れなど、紹介予定派遣の仕組みについて、企業とスタッフの双方に詳細に説明。

候補者と企業との面接
スタッフには、事前に企業の担当者の人柄や、企業が求めている人物像、スキルを伝えて面接に挑んでもらった。
リラックスして面接に臨めるよう、ランスタッド社内で模擬面接も行った。

紹介予定派遣による就業開始
企業とスタッフの双方に、契約内容と就業実態に相違がないか、また、スタッフが周囲の社員ときちんとコミュニケーションをとりながら就業できているかを確認。

企業・スタッフの合意
紹介予定派遣が終了した後、スタッフが直接雇用された後のキャリアの流れについて企業からヒアリング。
その内容をスタッフに伝え、雇用のミスマッチを予防。

入社
スキル不足と指摘があった点を企業に再確認。企業の求めていた条件のうち、使用できるCADソフトの操作経験だけが不足してたので、CADトレーニングセンターでスタッフのトレーニングを実施。

ユーザーヴォイス

企業様の声スタッフの声
企業 スタッフは教育機関で電子・電気を専攻していなかったので、どの程度のスキルを持っているか気になっていました。派遣期間中に、スタッフにCADの基礎知識があることと、真面目で積極的に仕事に取り組む人柄の良さを知ることができました。紹介予定派遣の期間が終わり、直接雇用となった後は、実務を通じて当社の管理者として育成したいと思います。 スタッフ 当初は他社へ就業する話もあり、どちらに行くべきか迷っていました。決め手は、就業現場の方と実際の業務について話ができたことでした。知識も技術もスピードも、まだまだ"ひよこレベル"ですが、学んだことから新たな価値を生み出していきたいと思っています。

人材に関するお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください

お問い合わせ

ランスタッドはクオリティを重視した提案力のあるサービスを
ご提供します。まずはお気軽にご相談ください。

人材サービスに関するご依頼・お問い合わせ

ログアウト