2019/10/02【働き方改革】 【同一労働同一賃金 派遣編】なにがどう変わる?

2つの待遇方式「派遣先均等・均衡方式」の場合

「派遣先均等・均衡方式」は、派遣先企業が自社の正社員の待遇について派遣会社に情報を提供し、均等・均衡待遇を実現する方式です。

Point

  • 1

    派遣正社員との「均等待遇」「均衡待遇」を図ります

    比較対象労働者に当てはまる正社員がいなければ、
    パートタイム・契約社員などと比較します。

  • 2

    すべての待遇に均等または均衡が求められます

    すべての待遇とは、基本給・賞与・手当・福利厚生・教育訓練・安全管理などです。

  • 3

    職務の内容、職務の内容・配置の変更の範囲が
    同じなら均等、違えば均衡

    派遣先の通常の労働者と派遣社員が同じ条件で同じ仕事をしていれば、
    待遇も同じにします。

  • 4

    均等は同じ決定基準で、均衡は待遇の性質・目的に応じて

    均衡待遇では、待遇ごとに事情を考慮して不合理な待遇差がないか判断します。

「派遣先均等・均衡方式」でパートタイマーor有期契約の派遣社員の場合は?

短時間または有期契約の派遣社員の待遇は、派遣先企業の正社員との均等・均衡が求められます。
さらに、職務に密接にかかわる待遇以外は、派遣会社の正社員との間でも不合理がないようにします。

派遣先正社員との均等・均衡を図るために

手当や賞与なども正社員と同じにすると派遣料金に大きな影響がでると想定されますが、派遣先企業は派遣会社がルールを遵守しているか確認してください。

  • Step1

    派遣が比較対象労働者をピックアップ

  • Step2

    派遣から派遣会社へすべての待遇情報を書面で提供

  • Step3

    派遣会社が待遇を決定

  • Step4

    派遣が福利厚生施設利用などの就業環境を整備