転職者インタビュー「経理職へキャリアアップ」

[男性 / 25歳]数値分析力と簿記資格をアピールして経理職へキャリアチェンジ

[前職]部品販社の営業管理部門での予実管理・分析(年収300万円台前半) 営業支援から経理・財務へのキャリアを希望するが、社内での可能性は不透明
[転職後]パッケージソフト販売会社の経理(想定年収 約300万円) 経理部門の将来を担うジュニアスタッフとしてスタート



前職での業務内容

転職者インタビュー
大学卒業後、機械部品の販売会社へ入社。営業支援部門へ配属されました。最初は顧客リストの整理や、見積書の作成などといった業務に携わりました。売上や経費、利益の集計などを任され、なかでも営業計画や営業実績を分析した資料を作成する機会が多くありました。経理部門とやりとりする機会も頻繁で、自分の仕事の役に立つと考えて簿記3級の資格を取りました。


転職を考えるようになったきっかけ


入社3年目に営業へ配属される予定でした。ですが、会社のさまざまな数値を分析して課題を明確にしたり、将来の事業計画を立てたりする業務に関心が強くなり、経理職でのキャリアアップを目指したいと考えるようになりました。経理部門への異動を上司に希望しましたが、可能性は低いと言われてしまいます。その場では納得したのですが、希望を叶える道の一つとして転職を考えるようになりました。ネット検索したところ、年齢が20代であれば、実務経験がなくても応募可能な求人がいくつかあったこともきっかけの一つでした。


転職サイトへ登録したけれど


複数の転職サイトに登録しましたが、自分の経験で応募できるのか、どのように転職先を選べば良いかとても悩みました。相談しようにも、転職経験のある友人がいなかったので一人で不安を抱えるばかり。応募しても書類選考を通過できません。自分の考えを伝える履歴書や職務経歴書の書き方が分からないのですから、今から思えば通過しないのは当たり前です。手探りに応募を続けるばかりで転職が成功する気は全くしませんでした。


ランスタッドに登録して、自分と仕事を見つめなおす


そんな時、ランスタッドの転職支援サービスを受け始めました。初めての転職活動ということもあり、コンサルタントの方には、仕事に対する考えの整理や転職活動の不明点の洗い出しなどを手伝ってもらいました。3年後や10年後のためにどんな経験をしたら良いか、また、この転職にどんな意義と目的を設定するか一緒に考えてもらいました。一般論でなく、実際に手がけた転職支援の例などを通じて、自分のことのようにアドバイスしてくれて本当に心強く感じました。『誰かが、本当に自分の転職活動をサポートしてくれている』という実感が、孤独だった私の転職活動をどれだけ支えてくれたことか。感謝してもしきれません。


強みを活かして成功した異業種転職


私の強みは、営業部門の業務の流れを知っていること。また、簿記の資格を取得した実行力や、異職種を志す理由をアピールしながら転職活動に取り組みました。アピールの甲斐があり、経理部門の将来的な体制構築を見据えて、若年層の増員を考えていた企業から内定をいただくことができました。今は先輩社員の業務を手伝いながら、経理の実務を学び、経験を重ねています。日ごろの業務では、お金の流れと営業活動を連動させながら企業全体の動きを理解するように意識しています。将来的には、経理のスペシャリストとして一人前になりたいと思っています。それが私の今の目標です。


ランスタッド担当のコメント


転職市場は市況によって変化する要素と、どんなときも普遍な要素とがあり、ご自身の経験とキャリアプラン、そしてタイミングが合って初めて転職の実現が可能となります。プロのコンサルタントのサポートで、転職目的とキャリアプランを常に見つめなおし、ブレのない転職活動を行うことが将来につながります。

キャリアップ転職をサポートいたします!ご登録はこちらから(無料)


転職を希望される方のご登録、ご相談、ご紹介などはすべて無料です。まずは、お気軽にご登録ください。

ご登録はこちら(無料)

ログアウト