Inagora株式会社 インタビュー

閉じる

急速成長中の中国EC市場で、Inagoraがシェア拡大している理由とは?

人事総務 笹尾 淳さん

中国のユーザーニーズを捉えた確かなビジョンで急成長しているInagora。
中国マーケットでのさらなるシェア拡大に向けて今後の展開などをお伺いしました。

- 御社の事業、サービスについてお聞かせください

Inagoraが行っている事業は『越境EC(エレクトロニック・コマース(Electronic Commerce)』と呼ばれるビジネスです。日本ではまだ耳慣れない言葉だと思いますが、インターネットを通して日本製品を海外向けに販売するビジネスのことです。
日用品からアパレル製品など、すでに日本ではECビジネスでさまざまな製品が販売されていますが、国内向けのサービスがほとんどだと思います。
サイト数が多いために競争も激しく、今後、国内のEC事業が成長するのは難しいと言われています。

一方、中国は世界最大の人口を抱える大国です。富裕層をはじめ中級層の世帯も増え、消費活動が非常に高まっています。中国のEC市場はここ数年で飛躍的に成長を遂げ、今では世界最大のEC市場となりました。今後もさらなる拡大が見込まれています。
この成長市場に注目する日本企業は数多くありますが、海外に進出する場合は言葉や文化の違いが壁になり、決済や物流など現地企業との契約は容易ではありませんし、スキームが完成するまでには時間と労力がかかります。

Inagoraでは、一連の工程をワンストップで提供できるプラットフォーム『豌豆公主(ワンドウ)』を構築しています。越境EC事業を運営している企業は当社以外にもありますが、一連の工程を一手に行っているのは、現在のところ日本国内ではInagoraだけでオンリーワン企業と言えるでしょう。今後は、"ショッピングに国境はない"をスローガンに、中国市場に販路を見出したい企業に架け橋を提供し、『豌豆公主』を通じた越境ECビジネスの事業に自信をもって進めたいと考えています。
現在は中国のみですが、今後は経済成長が見込まれる東南アジアへの進出を考えています。また、アメリカなどで一部テストマーケティングを始めているところです。

- 御社の強みは

最大の強みは、当社の代表取締役社長、翁永飆が中国出身ということです。
中国国内では日本の製品は品質が優れているというイメージがあり、多くの人気製品があります。しかし、日本と同じプロモーションを展開しても売上拡大は簡単ではありません。文化の違いを理解して戦略を立てる必要があります。当たり前ですが中国出身の翁は現地の文化を熟知しています。そして日本の大手商社で新卒入社し、その後IT関連の事業を立ち上げた実績があります。日本と中国のビジネス習慣と文化の両面を理解していることは、越境ECを行ううえで最も大きな強みと言えるでしょう。

- 日本と中国の商品プロモーションの違いはありますか

日本の商品プロモーションは、有名人を起用し、TVCMや雑誌などのメディアを活用するスタイルがほとんどです。ところが中国ではこのようなプロモーションは基本的には行いません。なぜかというと、中国の方はマスメディアを通じた宣伝を好まない傾向があるからです。ここが大きな文化の違いです。
中国の方がどうやって商品情報を入手するかというと、私たちはKOL(Key Opinion Leader)と呼んでいますが、ネットのインフルエンサー(ブロガー)発信の情報を重視しています。いわゆるCtoCプロモーションが中国では効果的なのです。CtoCプロモーションのノウハウを活かせるスキームをInagoraは構築し、販促活動に生かしています。

- 日本と中国の販促活動に違いはありますか

現在、中国の上海と北京に拠点を置き、『豌豆公主』アプリの認知拡大に向けたプロモーションなど、BtoC分野のマーケティングに注力しています。
一方で日本ではBtoB分野のマーケティングを推進しています。越境ECというビジネスモデルをより多くの国内企業に知っていただく活動や、商品が中国市場により効果的に受け入れられるための企画に注力しています。

- 実際のプロモーションで取り組んでいることは

今、豌豆公主(ワンドウ)で人気を集めているのは美容系や健康食品などの商品です。美容や健康面に対する意識が中国の方々は非常に高い。ですが、こういった人気商品はメーカーも現地向け商品として、中国語のラベルなどを貼ったパッケージを作成して販売しています。流通コストがかかる『豌豆公主』よりも、店頭で購入したほうが現地の方は同じ商品を安く購入できるはずですが、あえて『豌豆公主』で購入してくれる方が多くいらっしゃいます。
ここがポイントなのですが、100%安心・安全な"made in japan"の製品を買いたいというニーズがあります。
ですから中国側では、中国国内には様々なECサイトがありますが、豌豆公主(ワンドウ)は日本から直送され、日本商品のことを一番理解しているEC!というPR活動を行っており、実際にユーザー数は右肩上がりで増えてきています。

- 求めている人材のイメージを教えてください

今後の事業強化のために、質の良い商品の仕入れや調達が必要になります。MD経験やバイヤー経験がある方は活躍ができる環境だと思います。また、成長を見据えてマーケティングや管理系などといった幅広い職種で人材を募集しています。
まだ新しい会社ですので、新しくアイデアが生まれたらすぐにチーム間で相談するなど、社員一人ひとりが積極性をもって業務にあたっています。
従業員に共通することとしては、ロジックに適ったアウトプットが出来て、自発的な行動を起こせる方、自走できる方が非常に多いと感じます。また、マーケットが中国ですので、中国語のスキルをお持ちの方は大歓迎です。世界的にも注目されている中国のEC市場で自分のセンスを試したい、グローバルな環境で自分を磨きたい方はぜひ一度ご相談ください。皆さまからのご応募お待ちしています。

Inagora株式会社の求人情報




ランスタッドの求人情報の約80%は非公開求人

ランスタッドの非公開求人は80%ランスタッドの転職支援サイトでご覧いただける求人はごく一部です。企業からご依頼いただく求人の約80%は非公開求人となります。
ランスタッドの紹介実績豊富なキャリアコンサルタントが非公開求人の紹介を含め、あなたにとって最適な転職活動を全力でサポートいたします。

ランスタッドに登録(無料)
ログアウト