ランスタッド・東京本社をご紹介!

閉じる
2016/10/04

今回は、ランスタッドの東京本社(ニューオータニガーデンコート内21F)の様子をご紹介します。

ランスタッドは全世界で統一のブランドイメージを打ち出すため、グローバル共通でブランドルールを定めています。メインコーポレートカラーは白、暗めの青と明るい青の3色で、更にアクセントとして用いられるマーケティングカラーはピンク、緑、オレンジの3色です。こうした共通の色合いやイメージを全世界で打ち出すことで、どのオフィスでも、変わらない「ランスタッドらしさ」を感じることができます。

エレベーターを出るとすぐ、ランスタッドの大きなイメージが目に入ります!


まずお客様にお越し頂くのが、こちらの受付です。
床に使用しているブルーのカーペットは、世界共通のものを使用しており、一括生産しています。また、受付にある白いフロントデスクも、全世界共通です。

こちらが、社員が日々業務を行っているワーキングスペースです。


毎朝の朝会では会社のスローガンを唱和し、1日をスタートします。その日の営業成績の報告や社内で必要な情報を共有します。

社内には、自動販売機やコーヒーサーバーがあり、社員は自由に使用することができます!ここでランチを食べることもでき、コミュニケーションスペースとして活用されています。


また、ランスタッドでは外国籍の社員も活躍しています。

そして、こちらがお客様や登録者の方をお通しするミーティングスペースです。
ここにはミーティングルームや、登録にお越し頂いた方々をお通しする登録ブースがあります。各部屋には、ランスタッドが事業を展開している国や首都の名前がつけられています。

お客様が直接目にされるオフィスの廊下や、会議室の前には、ランスタッドのスローガン(good to know you)や企業理念(shaping the world of work)が書かれた看板が飾られています。こうした看板に使用されているイメージや色合いも全て共通のものを使用しており、全世界で変わらない企業理念をお客様には感じて頂けます。


ログアウト