プロマジシャンBAZZIが伝授! インパクト抜群の簡単予言マジック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
閉じる
2017/05/18

会社の歓送迎会や、友人や家族との宴会などで、みんなが「あっ!」と驚くようなマジックを披露したいと思ったことはありませんか? 人気のプロマジシャン『BAZZI』さんが、不器用さんでもOK、特別な道具がなくても簡単にできるオトナのマジックを動画でご紹介します! 最後に「種明かし」とともに詳しく解説しますので、ぜひマスターしてコミュニケーションにお役立てください。

インパクト抜群! 誰もが驚く「予言マジック」

皆さんこんにちは。プロマジシャンのBAZZI(バッジ)です。今日は、特別な道具も不要、そして何よりも簡単かつ、インパクトある「予言マジック」をご紹介します。

プロマジシャンBAZZIが伝授! 簡単なのにインパクト抜群の予言マジック(演技編)

予言マジックにタネはあるのか? ないのか?

手先の器用さも手品グッズも必要ない、驚きのマジックです。特別な道具は用意せずにできるので、周囲がびっくりすることはもちろんですが、終わった後もずっと「すごい! すごい!」と興味津々の反応が続きます!

流れのおさらい

  • 1.その場にあるものから、3つの品物を選びます。
  • 2.品物のうちの1つを、まずあなたが選びます。何を選んだか相手に悟られないように、選んだ品物の名前や絵を"予言"としてメモ帳などに書いておきます。
  • 3.相手に3つの品物のうち、1つを選んでもらいます。
  • 4."予言"を書いた紙を開くと、相手が選んだ品物と一致しています。相手は全く自由に選択したのでびっくり。まさに魔法のようなマジックです。

予言マジックにタネはあるのか? ないのか?

特別な能力は不要! 相手を動かす言葉のマジック!

相手が何を選ぶかを当てるよりも、相手の選ぶものをこちらが決めてしまう。これが究極の「言葉のマジック」です。

自分で選択したと思わせておく、実は『選ばされている』

このマジックのコツは、相手が何を選んでも良いように、結末を自由に変えられるようにしておくこと。その結末に向かって相手を"誘導"することがポイントです。

種明かし

それでは、実際に上記のコツを踏まえながら、動画で種明かしをしていきましょう。

プロマジシャンBAZZIが伝授! 簡単なのにインパクト抜群の予言マジック(解説編)

まず、3つの品物の例として、テーブルの上に携帯電話、ポーチ、メガネがあるとします。最初にメモ帳に"予言"として、品物の名前を一つ書いて折りたたんでおきます。ここでは予言に「携帯電話」を選び、メモ帳に書いたとしましょう。
次のステップでは、相手に品物を選んでもらいます。3つの品物の中から自由に2つを選び、それぞれ右手と左手に持ってもらいます。

【パターン1】 "予言"の品物を手にし、さらに渡してもらった場合

相手が手にした2つの品物に携帯電話が選ばれていた場合は、次に「では、そのどちらかを私にください」と言いましょう。携帯電話を渡されたら、「携帯電話ですね!」と、いかにも相手が携帯電話を選んだように言いながら、予言を書いたメモ帳を開けてもらいます。

【パターン1】 

【パターン2】 "予言"の品物を手にしたが、渡してくれなかった場合

相手が手にした2つの品物に携帯電話が選ばれていた場合の、もう1つのパターンです。次に「では、そのどちらかを私にください」と言うところまでは同じ流れです。
携帯電話でない品物を渡された場合は、それをすっとテーブルの上に戻してしまいましょう。そこで相手に「最後まであなたが大切に持っているものは何ですか?」とたずねます。「携帯電話です」と答えたところで、"予言"のメモ帳を開けてもらいます。

【パターン2】 

【パターン3】 最初から"予言"の品物を選ばなかった場合

3つ目のパターンは、相手が最初に2つの品物を手にとった際、携帯電話が選ばれなかった場合です。相手が手に取った2つの品物を、「ではこの2つはよけてください」と言って、預かってしまうか、テーブルの外へ置いてもらいます。そこで、「目の前に残っているのは何ですか?」と相手にたずねます。「携帯電話です」と答えたところで、"予言"のメモ帳を開けてもらいます。

【パターン3】 最初から

結局はどのパターンでもOK

どのパターンになっても慌てず、ゆっくりでいいので、自信を持って進めていきましょう。慣れてきたら相手の行動の先を読んで品物を動かしたり、言葉にしたりすると効果的です。このマジックはその場にある物なら何でも使うことができます。いろいろな品物でマジックをしてみましょう!

ここがポイント!

動画の中で仕掛けを解説し、相手を誘導するアクション、言葉のチョイスがあったのが分かりましたか? どの品物を選ばれても「想定内!」といった雰囲気で接しましょう。決して自分が戸惑わないようにすることが大切です。3つのパターンの受け答えを繰り返し練習して、相手が自分で選んだと思うように自然に誘導してあげましょう。

マジックはコミュニケーションが大切。応用場面は無限大!

このマジックを覚えることで、コミュニケーションの先手を打つことができます。
例えば、クライアントの商談や、上司とのやりとりなど、ビジネスシーンでどんな返答があっても「はい、そうですよね~!」と、想定内のこととして落ち着いた対応をすれば、信用を得られます。
プライベートでも同様です。言葉のキャッチボールを交わしながら、相手の反応を想定して対応することで、より深いコミュニケーションをはかることができます。

取引先とのアイスブレイクに

3つの品物に自分の名刺を混ぜて、"予言"の答えにします。
最後、予言が当たって「名刺」が出たところで、「僕を選んでいただいてありがとうございます!」と言えば、ちょっとしたアイスブレイクとなって緊張が緩和され、和やかな雰囲気で商談が進むかもしれません。

宴会で盛り上がりたい時

歓送迎会や忘年会、お花見やバーベキューなど、会社行事のちょっとした場で余興・一発芸としてマジックを楽しむこともできます。
たとえば、3つの品物の中にビールなどの飲み物を含めて"予言"の答えにします。やりとりが進んで、最後に「ビール!」と予言したところで再び乾杯! 不思議と盛り上がります。

このマジックは、目の前にあるものなら何でも使えるので、応用は無限大です。場所が居酒屋なら「枝豆」、「箸置き」、「割り箸」、喫茶店なら「スプーン」、「ストロー」、「コースター」など、場所によってさまざまな品物をマジックに使えます。
使う品物も自分で決められるので、例えば相手が女の子なら「お花」、「リボン」、「ヘアピン」など、興味を惹くものを選んでマジックをすることもできます。

まるで相手の心を読んでいるような予言のマジックは、面白いくらい観客に大きなインパクトを与えることができます。本当に予言をしていると相手に思い込ませる演技の練習をしましょう。

ライタープロフィール

BAZZI
(写真下)老舗マジックバーで支配人を務め、技術を磨き上げた実力派マジシャン。嵐のアルバム『Are You Happy?』ではマジックの演技指導を担当し、PVにも出演する。ラスベガス公演をはじめ、メディア活動や大手企業のパーティー、ブライダルショーなど国内外でマジックを披露するほか、福祉活動にも積極的に取り組み、幅広い層から支持されている。マジックの指導も行い、種明かしや方法だけでなく、『人を喜ばせる喜び』へ特に重点を置きながら、人とのコミュニケーションの大切さを伝えている。

2017年からはアジアを中心に活躍するアクティブモデル『佐々木彩花』(写真上)と手を組み、新しいパフォーマンスの創造に挑戦。今までのマジック界の概念を覆す『パイオニア』を目指して、日々活躍中。

・BAZZIプロモーション ホームページ
・佐々木彩花 ホームページ

ランスタッドでお仕事を探そう

ランスタッドでお仕事を探そう

ランスタッドは世界最大級の総合人材サービス企業。1960年にオランダで創業以来、多くの皆様の「はたらく」をサポートしてまいりました。ライフステージにあわせて、アルバイト、派遣、転職など様々なお仕事を提供しています。

ランスタッドの求人情報

ログアウト