自分らしいファッションは、毎日の反復練習から

閉じる
2015/11/20

夜の3分間トレーニングで、コーディネート力をUP!

セルフコア(自分の軸)がわかったら、それをファッションでどう表現すればよいでしょうか?

始めたいのは、着るもの、身につけるものすべてで、自分流を徹底追求することです。「徹底する」という「反復練習」から入りましょう。

まず、自分が好きな"基本のコーディネート"をひとつ決めます。例えば「シャツ&パンツの組み合わせが大好き」「よく人に褒められる組み合わせ」というような基準で、アイテムを選んでください。そして、毎日寝る前に3分間トレーニングを行いましょう。


<寝る前の3分間トレーニング>

  1. まず、明日の天気予報をチェック!
    季節の変化やその日の天候を感じ取って、素材を選びましょう
  2. 次に、明日のあなたのスケジュールを、手帳やスマホでチェック!
    明日はどこで誰と会いますか?どんな服装がふさわしいでしょうか?
  3. 明日のベースカラーを決めましょう。
  4. 作戦が決まったら、自分のワードローブから明日のシャツとパンツを選んでハンガーにセットして、おやすみなさい!

失敗の日もあれば、大成功の日もあるのがファッション。
でも、毎日これらを意識してコーディネートすることで、確実にスタイリング力が身について来ることは間違いなしです。反復練習の成果は必ず現れますよ。


自分らしいファッションは、コミュニケーションをスムーズにする

自分流の着こなしが身についてくると、周囲はそれが「あなたのスタイル」だと認知し始めます。あなた自身の"らしさ"が認識され、認められてくるのですね。それが"ブランディング"につながります。

スタイルとはあなたの個性を様式(かたち)で表現すること。自分流のスタイルの追求は貴方自身の個性を外側に引き出すので、語らずにして自分自身をプレゼンする強力なコミュニケーション手段となるのです。あなたがどんな人であるかをファッションが語ってくれているのですから人間関係もスムーズです。社会人としてこんな素敵なコミュニケーションツールを使わない手はありませんね。

更によいことに、スタイルを徹底追及すると「ファッションセンス」という感覚もアップしていきます。「セルフコア(自分の軸)」が鍛えられている人は、あらゆるセンスがよい人。だからこそ周囲の人を慮ることもできる。自分らしさをファッションで伝えること、それはあなた自身そのものの発信に他ならないのです。

Create your own style!  ファッションは自己表現!


執筆者プロフィール

LiFas 代表ディレクター
井出 真理
大学卒業後、フランスの高級消費材ブランド入社。その後国内大手アパレル会社を経て、ダナ・キャラン・ジャパンのスタートメンバーとしてハイエンドブランドのマーチャンダイザー業務に就く。ビジネスインターンシップでニューヨーク滞在を経て帰国後米国コスメティックブランドのマーケティング部へ。2000年のエストネーション設立を機に入社。ショップ立ち上げに従事。2005年からウィメンズ商品部統括マネージャー。2010年12月フリーランスのファッションディレクターとして開業。
ブランドと小売の両方の経験を活かしたファッションブランディング、スタイリングのプロフェッショナル。


ランスタッドはあなたのキャリアデザインを
さまざまなメニューで応援します

未経験からスキルをつけたい方、ライフスタイルに合わせた働き方をしたい方、派遣から正社員を希望される方、ワンランク上の転職をお考えの方... ランスタッドはそれぞれのご希望を叶えるお手伝いをいたします。
お仕事をお探しの方は、こちらからどうぞ。

ランスタッドで希望の働き方を見つける

ログアウト