ランスタッドアワード2017 ハイライト

エンプロイヤーブランド・リサーチ2017の総合1位には、日清食品ホールディングスが選出されました。続いて、総合2位にトヨタ自動車、総合3位にはサントリーホールディングスがランクイン。
資生堂、ニコン、村田製作所の3社が初めてトップ20入りしました。また、海外企業部門1位にはアマゾンジャパンが選出されました。

ランスタッドアワード 2017
(エンプロイヤーブランド)
TOP20*( )内は昨年順位

No.1 (7) 日清食品ホールディングス
(日清食品)
No.2 (4) トヨタ自動車(トヨタ)
No.3 (1) サントリーホールディングス
(サントリー)
No.4 (3) 明治ホールディングス(Meiji)
No.5 (5) パナソニック
No.6 (17) 日立製作所(日立〈HITACHI〉)
No.7 (2) キリンホールディングス(キリン)
No.8 (12) ソニー
No.9 (10) キヤノン
No.10 (14) 味の素
No.11 (6) 花王
No.12 (8) 全日本空輸(ANA)
No.13 (26) 村田製作所
No.14 (13) オムロン
No.15 (86) 日本電信電話(NTT)
No.16 (31) 資生堂
No.17 (16) 本田技研工業(ホンダ〈HONDA〉)
No.18 (29) ニコン
No.19 (19) 東日本旅客鉄道(JR東日本)
No.20 (11) 富士フイルムホールディングス
(富士フイルム)

ランスタッドアワード 2017
(エンプロイヤーブランド)
海外企業部門 TOP5*( )内は昨年順位

No.1 (2) アマゾンジャパン
(Amazon)
No.2 (5) ジョンソン・エンド・ジョンソン
No.3 ( - ) MSD
No.4 (10) ノバルティスファーマ
No.5 ( - ) 日本イーライリリー
(イーライリリー)
日本で最も働きたい企業は、日清食品ホールディングス。
アマゾンジャパンが海外企業部門の第1位に。